千葉県住宅診断協会では美しい住まいのデザイン・快適な暮らしを適正価格でご提案致します。

キルコート認定施工 講習会に参加してきました

キルコート認定施工 講習会に参加してきました

キルコート認定施工パートナー 講習会

東京都台東区にて塗料材料 キルコートの認定施工の講習会に
行ってきました!!

実技など体験や実験をしながらキルコートを学びました。

画像の説明

お客様目線で考えている私はズバズバ講師に聞いてしまいました・・・。

プロからの意見ではお客様に伝わりにくいと思いますので
簡潔にお教えします(*^。^*)

まずは・・・。
撹拌です!  材料の出荷から数日してしまえば塗料の成分が
沈殿してしまいます!! そこで攪拌機を使い混ぜます!!

約1分程度でしっかり混ぜればオッケーです。

画像の説明

その後はキルコート専用ベース材(下塗り)を塗装後に
取材のキルコートを塗装していきます!!

画像の説明

先生・・・・ ありがとうございます!!

画像の説明

ここからが正直な私の意見です!!

キルコートとは? ズバリ
サイディングボードには(有)
タイルには(無)かなと思いました!!

なぜ?
工程の説明です。
専用下塗りがシーラーしかないためスタッコなどの凹凸のある
外壁には吸い込みとめの下塗りフィラーなどを使用します。

なのでシーラーでは効果が少ないと感じました。

キルコートは塗料というより一般塗装の中間の塗膜材と考える!
一般的には 下塗り+中塗り+上塗りです
キルコート 下塗り+キルコート2回+トップコート(または遮熱トップ2回)になります

ということは・・・。最低4工程になります。
また遮熱トップ使用であれば最低5工程になります!!

お客様のコストと耐久・性能ともにかなり高額になります・・・。

確かに材質的な説明を聞く限り性能は良いですが、10年に一度
または15年に一度塗装をすると考えていけば
そこまでの材料がしつようなのか・・と。

また最大の弱点が補修が利かないとの事でした!!
確かにそこは職人の腕かなとは思いますが
人間です! ミスを絶対にしない事はありません
だからこそ保証や点検があります。 そこでミスをなおせないと思うと業者もお客さまも安心できるのかなと思いました!!

私は思います。
10年に1度塗装工事を100万円程度ですると決めていれば
20年持つ! オリジナル塗料だから半永久などと・・・。
騙されないはずです!!

塗料の実験はあくまでも環境の整った条件でのテスト施工です。
一般住宅に完璧に環境の整った立地はなかなかありません!

だからこそいろはでは今断熱塗料ガイナをオススメしています!

または予算内でできるご自宅に合った塗料を推薦しています!

たくさんの施工事例お客様の声も届いています。ご気軽にお問い合わせ下さい!

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional